「受験勉強のやる気が出ない問題」に決着をつけるためにたったひとつ考えるべきこと

      2018/10/13

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

「受験勉強にやる気が出ない」
「今回こそ、テストの点数を上げないといけないけど、やる気が出ない」
「どうしても行きたい高校があるのだけど、やる気が出ない」
「家庭環境が悪くて、やる気が出ない」

このような「やる気が出ない」問題は、
LINE@に山ほど来る質問ですが、

 

結果的にいうと、相談してくる人というのは、
「自分をやる気にさせてくれるなにかを、探しています」
っていう状態なんですよね。

私のLINE@などで質問するのもそうだし、
塾以外でも必死に情報を探しているのもそうだし、
友だちや先生にグチや相談をするのも、全部そう。

今回は、その「やる気が出ない」問題に決着をつけますよ!!

 

「やる気にさせてくれるなにか」なんて、世の中にそうそうない

まず、大前提として、
「自分にやる気を起こさせてくれるものなんて、世の中にそうそうない」
ということを知っておく必要があります。

今は、インスタの勉強垢さんや、
YouTubeでも勉強(解説)動画があるし、
数え切れないほどの塾や家庭教師、通信教材があります。

それらがすべて「やる気にさせてくれるなにか」にはなりますが、
一時的なものになってしまい、続けるのは難しいかもしれません。

 

だから、
「もっと良いものを」
と思って、求め続けてしまう傾向にあるんですよね。

その探求は終わりません。

 

「やる気にさせてくれるなにか」に依存していく

また、運よく出会えたとして、
今度はそれに依存しないかどうか、です。

 

たとえば、

「痩せたい!」と思ったときに、
「この酵素が効きます!」「このサプリメントがいいですよ!」といわれて、
運よく体重が落ちたとき、今度はそれが手放せなくなる。

お金に困っている・・・と思ったとき、
「この方法なら安心!無料で試してみませんか?」みたいな誘いで、
稼げたから、そのループから抜け出せなくなる。

みたいな。

勉強でも、
塾に通ったおかげで合格できたから、
今度は大学受験でも塾や予備校へ通おうとしたり、
就活(就職活動)ではなにをしたらいいかわからない・・・から、
就活のための塾へ通い始めるなど。

 

「これがないと」
という依存があると、本当になくなってしまったときに大変です。

取り戻すのに、かなりエネルギーを使ったり、
前述のように、また「やる気にさせてくれるなにか」探しになります。

 

また、受験に関していえば、
高校受験と大学受験は全く別物です。

高校受験は、「内申+当日点」が必要ですが、
大学受験は「センター試験(大学入学共通テストに変わる予定です)+二次試験」。

高校の評価がいくら高くても大学合格とはなりません。

つまり、「受かるための勉強法」が全く違うのです。

高校受験のときに、「塾のテキストやってたらそのまま合格してたわ~」
なんて子も、
大学受験では勉強法が通用せず、センター試験間近で焦りだします。

 

「やる気にさせてくれるなにか」は、自分の中にしかない

結局のところ、「やる気にさせてくれるなにか」というのは、
自分自身の動機を何度も見直すしかないと思います。

 

・自分はどうしたいのか
・勉強したいのか、ゲームをしたいのか
・来年3月、どんな状態で入試本番を迎えたいのか
・どんな高校生活を送りたいのか
・志望校に合格したいのか、しなくてもいいのか

これらを、「やる気問題」にぶち当たったときに、
何度も自分自身に確認していく、ということです。

答えは自分自身の中にしかないんですよね~。

 

これらの問いに、逃げずに答えられるかどうかが、
精神面を大きく左右して、
1年という受験生活の中で大きく成長させてくれる糧となります。

また、確認すればするほど、自分の想いがはっきりしていくので、
受験直前期ほど、メンタル面を支えてくれます。

ぶれなくなるってことですね^^

 

保護者の方へ

お子さまが「自分に向き合う」ということは、
自然にできる子もいるかもしれませんが、

大半の子が
「どうしていいかわからない」
という状況になると思います。

反抗期と重なって、
自分でもどうにもならないと、

お父さまお母さまに刃向かってくるかもしれません。

そんなときは、
家庭内で完結させようとせずにこちらへ相談してみてください^^

きっと、お役に立てると思います。
一緒に解決していきましょう^^

相談はもちろん無料です!笑

 - 勉強のやる気が出ないとき