【動画あり】中学英語の並び替え問題を初心者が徹底攻略する3つのポイント

   

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

今回は中学英語の並び替え問題について
動画を交えて解説していきます!

・英語が苦手すぎてなにをやっていいかわからない
・主語?動詞?よくわからん・・・
・だから文法も全然頭に入ってこない・・・

という苦手意識の強い人に向けて
基礎の基礎をお伝えしていきます!

 

並び替え初心者が攻略するべき3つのポイント

たとえば、この問題。

「私の祖母はこの町には住んでいません」
という文章ですが、

この問題はどこから手をつけたらいいか
一緒に考えてみましょう。

 

肯定文、疑問文、否定文を把握する

まず並び替え問題でチェックするのは
肯定文、疑問文、否定文のどれであるかということです。

・肯定文・・・普通の文章
・疑問文・・・「?」がつく文章、「・・・ですか?」など相手に尋ねる文章
・否定文・・・「not」がつく文章、「・・・ではありません、・・・しません」など否定する文章

といえばわかりやすいでしょうか?

例題だと

「住んでいませんなので・・・
どれでしょうか?

・・・

はい。否定文ですね。

 

時制を把握する

時制というのは、
・現在形、現在進行形
・過去形、過去進行形
・未来形
・現在完了形(中3で習います)
のどれであるかを見分けます。

ここでは
「住んでいません」
なので、現在形ですね。

 

主語、動詞を把握する

ここが超!!!重要ポイントです!!!

なぜなら、英語の一文は
主語+動詞
から成り立っているからです!!!

(声を大にしていいたい)

 

例外は、中学英語の範囲なら
・「Please ~~~,」「Don’t ~~~.」「Do ~~~,」などの命令文
・会話表現(独特の言い回しなどがある
くらいでしょうか。

それくらい、どの文章を見ても
主語+動詞
から成り立っているといえます。

この問題で主語と動詞を探してみましょう。

主語は「私の祖母です。

(国語文法でもやりました。
「は、が、も」がつくものが主語です)

では動詞はどれでしょうか?
これには2つの見つけ方があります。

 

方法1:並び替える単語たちから、知っている動詞を見つける

この問題で並び替える単語は
in / live / not / this / does
ですが、この中での動詞はどれでしょうか?

・・・

はい。
live「住む」ですね。

このように、一覧の中から見つける方法もあります。

・動詞とはなにかを知っている
・並び替え単語たちの中に動詞が1つしかない
場合は、この見つけ方が早いかもしれません。

 

方法2:日本語訳の中から述語を見つける

動詞を見つけるもうひとつの方法としては、
日本語訳の中から(主語に対応する)述語を見つける方法です。

日本語訳で、
「私の祖母に対応する述語はどれでしょうか?

・・・

はい。
住んでいません」ですね。

なので、並び替える単語一覧の中から
「住む」という英単語を探します。

 

この方法2は、
・並び替え語句が多すぎて動詞が探し出せない
・並び替えの中に動詞が2つ以上ある
場合に、必要な動詞を見極めるのに役立ちます。

 

主語を見つけたら確認すべきこと

これらの方法1,2を使って
主語に対応する動詞をみつけていきましょう。

 

忘れないでほしいのが、
主語が三人称単数の場合には動詞にsをつけること!!!
(現在形の場合)

並び替え問題の場合には、
選んだ動詞にsがついているかどうか、必ず確認しましょう。

 

まとめ

このように、

・肯定文、疑問文、否定文
・時制
・主語+動詞

を把握することができれば、どんな並び替えでもさくっとできるようになりますよ!

 

 

この例題であれば
・否定文
・現在形
・主語は「私の祖母」、動詞(述語)は「住んでいません」

なので、一般動詞の否定文をつくっていきます。

主語が My grandmother(三人称単数)なので、
否定文はdoes not にすることをわすれないでいきましょう!

 

ここまでで、
My grandmother (主語) does not live (動詞)
まで出来上がりました。

残りの単語は
in / this
ですね。

 

残りの部分は経験則になってしまいますが、
日本語訳では「この町には」の部分が英語にできていないので、
これを英語にする必要があります。

 

場所を表す場合には、
前置詞(ここではin)+場所名(ここではthis town=この町)
が鉄則なので、覚えておきましょう。

完成した文章はこんな感じです。

 

My grandmother does not live in this town.
となります。

 

動画解説はこちら!
4問解説しています。

https://youtu.be/M4fX8uyp6vQ

 

接続詞のある、長い並び替え問題にも挑戦!

接続詞は中学2年生で習います。

・if(もし~~が・・・ならば)
・when(~~が・・・するとき)
・because(~~が・・・だから)
・that(~~が・・・だということ)

気づいたかもしれませんが、
これらの接続詞のあとにも必ず主語+動詞がきます。

 

If it rains, I will not go out.
「もし雨が降ったならば、私は外出しないだろう」

という一文の中には、
・it(主語)+rains(動詞)
・I(主語)+will not go(動詞)
のように、2つの主語+動詞があります。

 

この場合は、どちらが主節(メインの文)であるかを見極めます。

 

主節の見極め方

主節を見極めるときにも
国語の力が発揮されます。

主節というのは、
その部分がなければ一文が成立しない部分のことです。

 

「私は外出しないだろう。」
という文は、もし雨が降ったならば・・・がなくても成り立ちますが、

「もし雨が降ったならば。」
という文は、日本語でもありえないですよね。
(詩とかそういうのは除きますよ~)

 

ということで、ここでは主節は「私は外出しないだろう。」の部分です。

 

例題に挑戦!

では、接続詞のある典型的な並び替え問題に挑戦しましょう。

「私が電話したとき、美香は夕食を作っていました。」

この文章で、

・肯定文、疑問文、否定文
・時制
・主語+動詞

を考えて見ましょう。

・・・

・・・

・肯定文
・過去形、過去進行形
・主語は「私が電話した」または「美香は作っていました」

となりますね。

 

主節はどっち?

ここで、
・私が電話した
・美香は作っていました

どちらが主節にあたるでしょうか?

先ほどの解説を読み直してみてください。

・・・

・・・

「私が電話したとき。」
という一文は成立しませんが、

「美香は夕食を作っていました。」
の一文は成立しますよね。

ですので、主節は「美香は夕食を作っていました。」
の部分になります。

これで

Mika (主語)was cooking (動詞) dinner の部分までできました。

 

接続詞の部分はどうする?

次に、残りの「私が電話したとき」を英語に直す必要があります。

「とき」なので
接続詞whenの出番ですね!

このあとは主語+動詞が続くのでした。
「私が電話した とき」
なので

このように

Mika was cooking dinner when I called her.
という一文が出来上がります。

 

ひとつずつ考えながら問題演習するのが第一歩!

ここまで読んできて、
「うわー、こんなにめんどくさいこと考えるのか!!!」
と頭が痛くなる人もいるでしょう。笑

語学が得意な人は、
あまり考えずにこれらのことをやってしまっているのでしょうが、

苦手な人は、
数学と同様に論理的に考えて問題演習するのが
実は一番の近道だと思っています。

 

オンライン指導のときには、
並び替え問題でも

・肯定文、疑問文、否定文
・時制
・主語+動詞

をチェックしていますが、主語と動詞で詰まることが多いですね。

 

主語と動詞がはっきりわかるようになれば、
並び替え問題だけでなく
英作文にも大いに役立ちます。

 

まずは、手元にある問題集や学校ワークなどで

・肯定文、疑問文、否定文
・時制
・主語+動詞

を確認する練習をしていってくださいね!

 - 英語の入試対策 勉強法