目標を「ちょっと高め」に設定するワケ

   

結論からいえば、
目標は、今の自分の実力より「ちょっと高め」に設定するとよいです。

私は現在、秋の英検講座開講に向けて
6月2日の第1回英検で2級を受験予定です。

 

これから高校受験、大学受験を経験する皆さんとちがって、
私は大学受験もイギリス短期留学も経てきたので、
目標は満点です。

目標ちょっと高い(笑)

 

でも、これこそが自分の勉強のモチベーション(動機付け)を上げてくれると思い
この目標で日々勉強をしています。

 

目標設定は50メートル走と同じ

中学生の皆さんは、
春に新体力テストで50メートル走があると思います。

50メートル走のときに、
どこまで全力で走りきりますか?

 

このとき、「50メートルをゴール」に設定するよりも、
55メートルとか、60メートルがゴールだと思え、
という話を聞きませんでしたか?

 

もし、50メートル走で、50メートルをゴールにしてしまうと、
50メートル過ぎたら止まらないといけないので、

必ずゴール前で失速します。

これが、50メートル走のタイムを下げる原因になってしまうんですね。

 

もし、55メートルとか60メートルに設定すれば、
50メートル地点では、まだ全力で走っているはずです。

 

タイムにすれば、コンマ何秒の話かもしれませんが、
少しでもタイムをよくしたい場合は
余分に走りきることをオススメします!

 

「ちょっと先を狙っていく!」
ということですね。

 

100メートルも走る必要はありません。笑

 

入試本番でボーダー点を狙っていてはいけない

勉強に話を置き換えると、

テストや英検、漢検などで目標を設定するときも、

自分の実力よりは少し高めに設定して、
その目標に見合う勉強をするとよいです。

もし、英検や漢検などで
「合格すれば何点でもいいや」
とか、ボーダー点を狙っていくと、

その分、
「まあ、これはとれなくてもいいか」
というように、自分に甘くなってしまいます。

 

入試本番は言わずもがなですね。

 

もし、その問題が本番で出たらどうしますか?
できなかった問題ばかりテストに並んでいたらどうしますか?

普段の勉強は、テストや入試本番のための練習です。

もちろん、基礎問題から着実にやっていくことが重要ですが、
ステップを上げるときには、

現時点でのステップの問題が自力で確実に解けるということが
超超超!重要です。

 

志望校も少し高め設定でOK!

合格マインド養成講座の5月テーマは
「各高校を調べる」です。

4月テーマ「どんな高校生活を送りたいですか?」に基づいて
自分の興味のある学校をどんどん調べていきます。

 

そのとき、どうしても内申や当日点の基準が気になってしまい
「ここは無理かな・・・」
という気持ちが湧いてくることがありますが、

 

いったん、それは横においておいて、
自分の「やりたい!」「行きたい!」気持ちに
純粋になってみましょう。

確かに、いまオール2の子が、オール5必要なトップ校に行くのは
相当な努力が必要ですし、
本人の負担もけっこう大きいとは思います。

 

ですが、まずはオール3、オール4を目指す努力は可能です。
そこからステップアップしていけばいいのです。

 

オール3を目指すなら、平均点を目指すことが必要なので

・提出物をテスト3日前には終わらせる
・間違えたところは答えだけでなく解説まで書く
・授業の小テストだけは満点を狙う
・数学なら計算問題、国語なら漢字や文法、英語なら英単語や教科書本文を書けるようにする

ということを意識するだけでも、
テスト結果は如実に変わってくるでしょう。

 

着実にステップアップしていく

一方で、
目標が高すぎても、現実感がなくて挫折(何もしない)、
もしくはストレスがたまってしまい、後半に失速する可能性はあります。

先ほどの、「オール2の子が県内トップ校を目指す」というところですね。

 

志望校については、まずは内申・当日点関係なく挙げてもらって、
そこから、ランク分けしていくとよいです。

・トップ校なら内申40は必要
・上位校ならオール4は必要
・中堅校からオール3+数点は必要

・・・というように、
行きたい高校の目標内申・当日点を調べていきましょう。

 

そこで、いまの実力より少し上の高校を
現時点での第一志望に設定していきましょう。

 

そこで、1学期や2学期で少しずつ点数が上がってきたら、
さらに上のランクの高校を志望校としていけばいいのです。

 

・自分の行きたいという気持ちに素直に
・現実的な努力を重ねる

という両方を、着実にこなしていくのが
この1年間の過ごし方の秘訣です!

 

保護者の方へ:「ちょっと上」を目指してみる

本日は目標を高く設定するワケについてお伝えしましたが
いかがでしたか?

 

お父さまお母さまからすると、
「ちょっと上くらいではやる気が上がらないのでは?」
と心配されるかもしれませんが、

まず何よりも必要なのは
お子さまが本当に行きたい高校を見つけることです。

必要な内申、当日点というのは、
あくまで現時点での成績を参考にしてしか比較できませんし、

目標を高いところに置こうと、少し上に置こうと、
本人のやる気がなければどちらにしろ目標には届きません。

 

まずは、

・どんな高校生活を送りたいか(学科、内容、部活動、学校行事、家からの距離、公立か私立か など)
・それに沿って各高校を調べる
・必要な内申・当日点を調べ、順位づけする

という一連の調べが必要です。

その中で、現実とのギャップが高すぎないところ(少し上)をまずは目指すことで、
着実にステップアップしていきましょう!

 

もし志望校決めについてご相談ありましたら
以下のLINE等SNSよりご連絡ください。

 - ◆目標の立て方◆