【学年1ケタ奪取!】英語の定期テスト勉強法

      2018/09/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

英語の定期テストで学年1ケタを狙うのであれば、
教科書を暗記し
ワークを自力で解けるようにしていきましょう。

 

リスニング対策はテスト週間中のみでは難しいですが、
それ以外の問題は
ほぼ満点に近い点数までいくことができます。

 

具体的にその方法をご紹介していきます。

 

学校のワークを始める前にやっておきたい3つのこと

中学英語のテスト対策でまずチェックしてほしいのが
・新出単語のチェック(発音、つづり、品詞名)
・教科書の音読
・教科書本文/日本語訳のチェック
です。

英語の単語も文法もわからないまま、学校のワークを解いてみても
おそらくまったく解けないでしょう。

 

新出単語のチェック

まずは、テスト範囲のページの新出単語をチェックします。

単語の小テストがあれば、それを見直しましょう。

英単語だけをみて、
・発音できるか?
・日本語訳できるか?
・つづりが書けるか?
を確認してください。

もしできない場合は、
単語カード等に書き写して、毎日見るようにしてください。

見る回数が多ければ多いほど、
長期的な記憶として残りやすくなります。

 

教科書の音読

新出単語のチェックが終わったら、
教科書を3回音読してみてください。

新出単語と同様、スラスラ読めるまでやりましょう!

テストで、教科書の本文の並び替えや語句の穴埋めなどはよくあります。
教科書をよどみなく読めれば、得点ゲットのヒントになります。

3回読んだあとは、
毎日1回ずつ読んで覚えるようにします。

 

教科書本文/日本語訳のチェック

教科書を読めるようになったら、次は書けるようにすること!
教科書本文の日本語訳もよくテストで聞かれますので
全文、日本語訳できるようにしておきましょう。

 

まとめ

ここで気づいた人もいるかもしれませんが、
これらの内容は
学校の小テストや書き取りノートですでにやっていること
だったりします。

普段から教科書本文を読み書きできていれば、
テスト週間にわざわざ時間をとらなくてもいいんです♪

 

本当にわかっているか?ワークでチェック!

学校のワークは、数学と同じ方法で、
・問題を解く→見直しする(とくに時制や、三単元のs)
・間違った問題はその時点で解き直しする
・その問題は目立つようにし、ワーク2周目以降でまた解き直す
でやっていきます。

教科書の読み書きができれば、比較的解きやすくなると思いますよ。

 

学年1ケタを狙うためなら、
ワークでわからない問題はない!というくらい、
10割自力で解けるように繰り返しましょう。

 

学年1ケタを取る人の勉強はココが違う!

学年1ケタを狙うのであれば、理解度を高めるために
どうしてその単語なのか、語順なのかを説明できるようにしましょう!

・go toにはtoがつくのに、visit toにならないのはなぜか?
・have goneとhave beenの違い
・seeとmeetの違い
・someとanyの違い
・現在分詞と過去分詞の形容詞的用法 どっちを使えばいいのか?
など…

ただし、一人で勉強していると時間がかかるので、
まとめて先生に質問するのもいいですね。

細かいことほど置いてけぼりにしないのが
地道な得点アップの秘訣です。

 

内申5を狙うなら・・・オススメ問題集

中学英語のテスト対策は、
どうしても教科書の理解度が試される問題が多く、
応用力に欠けてしまいます。

せっかく勉強しているのに、
入試に向けての実力になっていなかったらもったいないですよね;

そこでオススメなのが「くわしい問題集」シリーズ(文英堂シグマベスト)→こちら

5教科ともオススメしていますが、
定期テストの文法を確認するのに最適だと思います。

ただし、中3受験生でトップ校を狙う場合は、
長文読解など、より実践的な問題で理解を深めていきましょう。

 

まとめ

英語のテスト勉強法は参考になりましたか?

 

・教科書を読める・書ける・訳せるようにする
・学校のワークは10割解けるようにしておく
・余裕があれば長文読解や「くわしい問題集」で問題演習する

この3点を行うことで、
単語や文法の理解は完璧にすることができます。
学年1ケタ、満点も近くなってきますよ!

 - 英語のテスト対策