中学生の基本のキ!社会の定期テスト勉強法

      2018/04/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

数学・英語に続いて今回は…社会です!!

 

社会って、「私アタマ悪いから~~」という言い訳ができなくて、
勉強したかどうかがハッキリと表れる教科です。

数学や理科は計算しないといけないし、
英語や国語は文章で表現しないといけないし…
しかし中学社会のテストはほとんどが語句埋めだと思います。
記述問題ばかり書かされるテストはないんじゃないか?と思います。

だから、
勉強したらその分だけ点数が取れる
ので、テスト直前までねばっていきましょう!

 

【やみくもに丸暗記にしない】

社会は暗記の要素が大きいですが、
なにからなにまで丸暗記ではありません。

ワークで重要語句をチェックしてから、教科書で流れを把握!
という流れでいきましょう。

 

【学校のワークは何周でもしよう!】

できれば、解く前にコピーを3部くらいとっておくといいかもしれません。

テスト対策で有効なのは、まず学校のワークを何周かすること。
3周以上はしてほしいですね!!
そして、わからなかった部分を教科書や資料集・地図帳などで確認すること。

社会は、まず「わからない」ということはなくて、
教科書や資料集に必ず答えがあります。

塾でもよく「これってなんですか?」と重要語句や年号を聞かれますが、
教科書に載ってるものは調べさせるようにしています。

 

【いきなり教科書を見ない!】

ワークを解くとき、
いきなり教科書を見ながら解いていくのはやめましょう!!

まずは、ワークだけを解いてみて、答え合わせをする。
そのあとに間違えた部分を教科書でチェックするんです。

というのは、問題を解きながら教科書を見てしまうと、
どうしてもワークの答えの重要語句だけを見てしまうからです。

教科書の太字ばかり暗記して、
「あれ?楽市楽座って言葉は知ってるけど、どういうものだっけ…」
なんてことになりかねません。笑

社会は暗記科目なのですが、ただ太字や重要語句を暗記すればいいわけではなく、
その出来事がどのようなもので、どのような結果をもたらしたか、その次に何が起こったか
流れを把握する
ことが大事なのです。

 

【ワークを見開き2ページやったら教科書チェック】

ワークをまとめてやって、後からまとめて教科書をチェックする人がいますが、
見開き2ページやったら、その部分の教科書や資料集を確認しましょう!

教科書は、太字やマーカーだけに目を通すのではなく、
文章を読む・流れを把握する
ために読みましょう。

重要語句はワークやったときに覚えたはず。
じゃあその重要語句ってどんな意味?と聞かれたときに説明できないと
意味がないのです。

「聖徳太子」「十七条の憲法」だけ覚えていたら、
じゃあ何のためにその法律つくったの?
それを理解するのが、教科書を読むということです。

 

【学校のワークの限界】

ワークは、基本的に重要語句を覚えさせる問題が多いです。
なので、ワークに頼りきりになると、逆に歴史などの流れが見えにくくなります。

私の学生時代は、完全にワークに頼りきりになっていて、
一問一答はできたのですが、大学のセンター試験で見事に玉砕しました…。

教科書も忘れずに確認しましょう!

 

【教科書のお供、資料集・地図帳】

教科書を読んでいるだけでは覚えにくい語句。

「世界でもっとも広いサハラ砂漠は…」
といっても、そのサハラ砂漠がどこにあるのかわからなければ意味がありません。

資料集で砂漠を探せば、世界にどれほどの砂漠があるかも一目瞭然。
「こんなに砂漠って広いのか!!」
と思えれば、丸暗記よりも頭に残りますよね。

 

【当日の朝までもねばれ!!】

社会は当日の朝、テスト直前まで粘ってもいい教科だと思います。

友達と問題の出し合いなどすると、記憶に残っていいと思いますよ♪

 

~~~~~~~~~~

以上が社会の基本的な勉強法です。
効率的に覚えられるように工夫しましょう!

 - ◆定期テスト対策◆, 社会のテスト対策