【受験生必見】夏休みに勉強する科目、優先順位は?

      2017/10/07

こんにちは。
高校受験サポーター るみです。

今週から夏休みに入る人が多いのではないでしょうか?
夏休み中のスケジュールは立てましたか?

 

今回は、勉強時間を確保した上で、
じゃあどの教科を勉強する?
ということをお話します。

以前にもお話したとおり、オススメは
・英語/数学に重点を置く
・その次に国語
・理科/社会も取り入れていく
ことです。

 

【英語/数学に重点を置く】

夏休みというのは、
まとまって復習できる時間が確保できる最後の休み
です。

学校などでも言われるかもしれませんが、
秋以降は学校の授業の復習やテストに追われるでしょうし、
実力を養っていくための問題演習も必要です。
冬休みは過去問に挑戦して、
そのまま2月に入ればあっという間に私立高校の入試です。

夏休み中に基礎固めをしておいてほしいのは、
やはり英語/数学。

英語と数学の基礎ができていれば、
秋以降の応用問題も取り掛かりやすくなります。

では、どうやって基礎固めするか?

 

1.夏休みの宿題の中でわからない部分はないか?

まず、学校の課題は早めに終わらせるように心がけます。
(8/31までに終わればいいや、では遅いですよ;;)

学校も入試を意識しているので、
今までの範囲の総復習のワークなどを選んでいるはずです。

その問題集の中でわからない部分があれば、教科書に戻って復習します。

 

2.総復習型の問題集を1冊選んでやってみる

もしあなたが塾に通っていないのであれば、
夏休みの宿題以外に、もう1冊問題集を決めましょう。

夏休みに1周できそうな、
薄めの問題集がいいですね。

ただし、内容をちゃんとチェックして、
ちょっと応用問題もある・・・くらいがいいと思います。

 

3.英語/数学が苦手な人へ

英語や数学が全然わからない・・・という人は、
やはり学校の宿題から始めていきましょう。

わからない部分は、夏休み中でも先生をつかまえて
教えてもらいましょう!!

大切なのは、恥ずかしがらずに聞くことです。
「こんな中1の範囲聞いたらどう思われるのかな・・・」
なんて気にする必要はありません。

その範囲を理解してこそ、どんどん先に進めるのですから。

意外に、難しく考えすぎていただけで、
ちょっとヒントもらえばスムーズに問題が解けるようになることもありますよ♪

自分が志望校合格するために、
できることはやる。巻き込める人は巻き込む。
どんどんやっていきましょう!

 

4.英語/数学が得意な人へ

学校の課題なんて難なく解けるという人は、
わざわざ総復習をするよりも、
応用問題をといて、わからなかったら教科書へ戻る
というスタイルにしましょう。

夏休み明けに実力テストがあると思いますが、
これから応用問題もバンバン出てきます。

まだ今の時点ではすべて解けなくても、
問題に挑戦するだけ価値があると思いますよ!!

もちろん、解けなかった問題は解説をみて、
次には解けるようにしておきましょうね。

 

 

【その次に国語】

国語の勉強が後回しになる人も多いと思いますが、
国語の基礎固めも夏休みがオススメです。

そして、国語の長文読解も
問題を解くことに慣れるために、ある程度時間が必要です。

 

1.漢字が苦手な人へ

入試で漢字が数問出されますが、
この問題は誰もが点数を取ります。

漢字が苦手だと記述問題などで減点されることもあるので、
なんとか夏休み中に復習したいところです。

学校の課題で漢字ワークがあればそれでもよし、
なければ漢検3級が中学卒業レベルなので、4級・3級レベルの問題集で
練習したいですね!

 

2.読解問題をやってみる

問題演習は秋以降にどんどんやってほしいですが、
読み慣れていないと、記号問題でも時間がかかり、
記述問題に時間が回せなくなっていきます。

基礎レベルでいいと思うので、問題演習をして、
記述問題も逃げずに書いてみましょう!!

 

3.古文/漢文

古文/漢文に関しては、覚えることが多いですね。
学校の課題等でわからない部分がないかどうか、チェックしておきましょう。

 

 

【理科/社会も取り入れていく】

夏休みは英語と数学!といって、理科や社会にはあまり触れられませんが、
この2教科の復習も夏休みに一通りやっておきたいところです。

秋以降に全部やるなんて無謀なことはオススメしません。笑

理科/社会のメリットは、
まとまった時間じゃなくてもちょこちょこ解ける
ところです。

ご飯食べ終わってからお風呂入るまでに30分、とかでも
少しずつ復習できる教科なので、そういう時間も使ってみてください。

復習方法は、

1.夏休みの宿題の中でわからない部分はないか?
2.総復習型の問題集を1冊選んでやってみる

上記の英語/数学で言ったとおり、
学校の課題→総復習型問題集
がいいと思います。

社会のテスト勉強法や理科のテスト勉強法の記事でもお伝えしましたが、
理科/社会は問題を解いてわからなかったら教科書で復習、にしましょう。

理科や社会の総復習と聞いて、教科書を一からやろうとする人がいますが、
ぜっっったいに途中で挫折するので 笑、やめましょう。
夏休みといえど、時間との勝負です。

 

~~~~~
夏休みに勉強する科目、優先順位は頭に入りましたか?

・英語/数学に重点を置く
・その次に国語
・理科/社会も取り入れていく

でしたね!!

夏休みに、5教科ともある程度復習できるように
やっていきましょう!!

 - 夏休みの過ごし方