受験生必見!夏休みに勉強する科目、優先順位は?

      2017/10/07

こんにちは。
高校受験サポーター るみです。

前回の記事で、
夏休みに勉強する科目、優先順位の話をしました。

では、具体的に時間をどうやって使っていくのがいいのでしょうか?

意識することは、
・英語/数学/国語はまとまった時間をとる
・理科/社会は細切れ時間でもやる
ということです。

 

【英語/数学/国語はまとまった時間をとる】

これら3教科は、

問題を解くのにある程度の時間が必要です。

英語の文法や数学の計算問題ならまだいいですが、
解けなかったときに、答えをチラッと見て解決することは
少ないですよね?

文法問題も教科書で基礎に戻ってチェックしたり、
数学の解き直しにも案外時間がかかったりします。

そして、時間に追われているとじっくり考えられずに
時間オーバー、となってしまうと思考力が身につかず、
せっかく問題を解いていても実力になりません。

これら3教科は、2~3時間まとまって時間があるとき
優先してやるようにしたいですね。

 

【理科/社会は細切れ時間でもやる】

以前の3教科と違って、
これら2教科は、わりと細切れ時間でもやれます。

暗記の要素が強いので、問題が解けるかどうかは
覚えているかどうか
が強く関わります。

なので、覚えてなかったらその場で覚えることを繰り返せば
解けるようになりやすい教科です。

解答をみても思い出せない場合には教科書をチェックしてほしいですが、
以前の3教科に比べれば時間はかかりにくいと思います。

部活に行くまでの空き時間、
昼ご飯・夕ご飯までの空き時間、
お風呂までの空き時間など・・・
使える時間は使っていきましょう。

見えるところにコルクボードを置いて
すぐに確認できるようにするのも手ですね。

 

「夏休みなんだからもっとゆっくりしたい~~」
という気持ちもあるでしょうが、
この細切れ時間を使う習慣をつくると、
秋以降、時間がないときもうまく勉強できるようになりますよ♪

 

~~~~~
教科によって、時間の使い方をわけることで、
より効率的に勉強できるようになります。

ぜひ、時間の使い分けをしてみてください!

 - 夏休みの過ごし方