夏休みに理科と社会を勉強するワケとは?

      2017/10/07

こんにちは。
高校受験サポーター るみです。

 

夏休みに入ると、
まず取り組んでほしいのが英語・数学
その次に国語
そして理科・社会も取り入れる
というお話をさせていただきましたが、

問題集を見ていて、
やはり理科・社会にも夏休み中取り組んでほしい!
と思いましたので、今回はそれをお話します。

 

【定期テストと入試の違いはなにか?】

それは、結論から言えば
入試はまる暗記では対処できない問題が多い
ということです。

理科だと、教科書の実験の一部が変えられていて、その部分を予想したり、
社会だと、年代順の並び替えや、地図帳・資料集の絵図の問題がありますね。

それがわかっていて対策するのと、定期テストの勉強だけするのとでは、
やはり結果に差が出てくるのだろうと思うのです。

理科や社会のテスト勉強法については、それぞれ別記事を参考にしていただきたいのですが、
それだけでは入試問題は解きにくいです。

 

【受験に向けて、今から始めてほしい勉強法】

中学の授業では、
未だに「マジメにやった人が受験を制する」と思われていて、
理科や社会の定期テストも一問一答形式問題が多いような印象を受けます。

覚えた人がテストでよい点を取れる、ということですね。

でも、だからこそ定期テストでよい点数を取れる人が
受験社会になるととたんに難しく感じてしまうこともあるようです。

 

その対策をするには、やはり
問題集ベースで勉強する
ということです。

問題を解く
→わからない部分を教科書や資料集でチェックする

この順です。

間違っても、夏休み中にノートまとめをしなおそう!なんて意気込まないでください。
挫折したとき、残りの部分が手付かずになってしまいますし、
全部できたとしても、終わったころにははじめの部分は忘れているかも・・・。

まとめが上手にできたかどうかではなく、
覚えたかどうか
もっといえばその知識がいつでも活用できるかどうか?です。

 

【問題集の選び方】

塾に通っていない方は、学校のワークを優先すると思いますが、
そのワークが一問一答形式(定期テスト対策)であるなら、
市販の問題集も1冊選ぶとよいと思います。

そのとき、チェックするポイントは
・夏休み中に1周できそうな薄さの問題集であること
・一問一答形式ではなく、入試問題が意識されているものであること
です。

習っていない範囲は飛ばしてもかまいませんが、
習った範囲は思い出せるように、まずは1周やってみましょう。

わからなかった部分を教科書や資料集でチェックするのです。

 

【なぜ夏からやるのか?】

学校の先生や、塾や家庭教師では英語・数学を優先するように
いわれると思います。

しかし、理科や社会がいくら暗記科目といっても、
問題の形式になれるのにも、時間がかかります。

その点、夏休みから問題集に取り組んでおけば、
今は解けないとしても、
「ふーん こういう体系的な知識がいるのね」
ということがわかれば、秋以降の対策もしやすくなります。

秋以降に急に問題集をみて、
「え!これ全然とけないじゃん!」
といっても、焦るだけですから・・・。

 

【夏休みは、焦らず、淡々と】

これは理科・社会に限りませんが、

夏休みにやったことがすぐに結果が出るとは限りません。

よく、「夏休みに勉強したことは、秋以降で結果が出る」といわれますが、
夏の時点で一発で問題集が解けるようなことはまずないです。笑

忘れていることだらけでしょう。笑

でも、それで大丈夫です。

夏休み中にその基礎部分を見直しておけば、
秋以降に問題に取り組みやすくなります。

焦らず、淡々といきましょう♪

 - 夏休みの過ごし方