手っ取り早くリスニングの点数を上げる方法とは?

      2018/09/26

こんにちは。
高校受験サポーター るみです。

 

今回は、
英語の長文は解けるのに、リスニングの点数が上がらない・・・
という塾生の悩みにお答えしようと思います。

 

この方は、文法問題や長文問題など、リーディングは高得点なのですが、
どうもリスニングがなにを言っているのか全然聞き取れない様子。

「ずっと日本に住むからわかんなくても困らないもん」
という気持ちもわかりますが 笑、
この先 大学入試でも必要な技能になるので、ぜひ高めていきましょう。

 

【これはNG!リスニング対策ではない】

リスニング対策と聞くと、
「とにかくいっぱい聞こう!」
みたいな流れになりますが、それは違います。

某CMで、
「1日のあいた時間に流し聴きをすれば、数ヶ月で英語が話せるように!」
と謳われているものがありますが・・・

受験生には時間がない。

 

あいた時間って、いつですか?笑

数学の勉強しながら英語を聴いたところで、頭は数学の問題でいっぱい。
せめて、朝起きてから家を出るまでや、お風呂の時間、塾への移動時間くらいでしょうか・・・

やること自体を否定はしませんが、
英文の内容も見ない状態で聴いていることに満足して
「リスニング対策はばっちり!」
と思っていると、大間違いということです。

ちゃんと、英文を見て、なにを言っているか確認できるものにしましょう!

 

ちなみに、洋楽や字幕つきの映画もありますが、
くだけた表現が多いので、
きちんとした文章が流れるリスニング試験対策にはあまり向いていないように思います。

では、どんな方法で対策すればいいのでしょうか?

 

【手っ取り早くリスニング対策する方法】

それは、
英検を受験する
ことです。

英検では、一次試験でリーディングとリスニングの力が問われますね。

私も、中学3年のときに準2級を取得しましたが、
その英検対策でリスニングを鍛えたのが幸いだったと思います。

 

リスニングの力を鍛えるためには、
洋楽や字幕つきの映画をただ流して聞いているだけでは意味がありません。

会話でなんと言われているのか、その文章内容を把握するには
解答にスクリプト(会話分)が掲載されていることが必要です。
英検の問題集を買えば、解答に載っているはずです。

英検であれば、
4級が中学中級程度
3級が中学卒業程度
と、級ごとに目標が定まっていますから、変に難しい英文に出会うこともありません。
(洋楽や映画は、会話分独特の表現などが多いですからね)

自分に合ったレベルを探して、受験してみてください。
中3生には、思い切って3級の受験をしてほしいと思います。
多少、習っていない文法も出題されるかもしれませんが、
秋以降に習うものばかりなので、損することはありませんよ。

(学校の内申書に書きたいなら、3級以上が必要です)

→英検サイトTOPはこちら

 

~~~~~~~~~~
いかがでしたか?

英検と聞くと、ハードル高く思われるかもしれませんが・・・
英検は文法問題も問われるため、受験対策としてもオススメです。

3級以上取れれば、内申書にも書けて、より有利になるかも!?

英検を受けるにしろ受けないにしろ、
本屋さんで問題集を購入して、リスニング部分だけでも進めてみてください。

リスニングも、耳が英語に慣れるまでに時間がかかります。
夏休み中に始めましょう!!

 - 英語の入試対策 勉強法, ◆入試対策◆