スマホが手放せないあなたへ。

      2017/10/07

こんばんは。
高校受験サポーター るみです。

 

今日、車でラジオを聴いていたら、
「今年の流行語には『SNS映え』がランクインするかもしれませんね~」
なんて話をしていました。

今では、中学生だって
ツイッター、LINE、インスタグラム・・・
SNSを使いこなして、勉強用アカウントを作成している時代です。

しかし、一方で、
スマホは触り始めたらいつの間にか時間が過ぎてしまう
受験生にとっては強敵ですね。

今日は、そんなスマホの使い方を見直していきましょう。

 

【中学生のスマホ所持率は●%以上!?】

皆さんは、自分のスマホはお持ちですか?

2017年の内閣府調査(青少年のインターネット利用環境実態調査)によると、
中学生のスマホ所持率は50%を超え、
携帯電話(ガラケー)やキッズケータイなども含めると
60%以上が持っているとのことです。

実際、私が指導している学習塾でも、
利用自体は禁止されていますが、
「家に帰るとLINEばっかりやってる」
という返答があるため、
中学生がLINEをするというのも、
もはや当たり前に近いのだろうと思います。

 

私が中学生のとき(15年ほど前)は、
持っている子と持っていない子が半々くらいずつ。

当時はスマホはなく、ガラケーのみだったので、
メールでのやり取りでした。

学校の友達とのやり取りも「交換日記」が多くて 笑、
メールできないから仲間はずれ、という認識まではありませんでした。

しかし、聞くところによると、今では
部活の連絡もLINEで回っている、とか・・・。
そんな状況では、スマホが手放せなくなるのも当然です。

 

【スマホ対策5選!】

勉強に集中したいのに、ついついスマホが気になる・・・
無意識に手が伸びてしまう・・・
そんなあなたへ、今日から試してほしい対策5選をお届けします。

 

①通知画面を表示させない

スマホであれば、アプリの横に1、2…と未読やお知らせ通知が出たり、
ロック画面にLINEのメッセージが表示されたりします。

その画面にいちいち表示させない方法があります。

→iPhone、Androidはこちら

この設定をしておくことで、
ホームボタンを押したときにも通知は出なくなります。
メッセージがすぐに見られなくなれば、誘惑は減ります。

 

②勉強中は機内モード

勉強中は使わない、ということにして、
機内モードを設定してしまいましょう。

機内モードとは?

機内モードは、主に飛行機に乗るときや、
病院内で電源OFFが求められている環境で使うものですね。

機内モードにしておけば、電波は飛んでいない状況ですが
スマホのほかの機能(計算機や時計など)は使うことができます。

機内モードを解除すると、そのときからインターネットが使えます。

 

③電子辞書や紙の辞書、計算機を別途用意する

スマホが便利だから、と
英単語もスマホで調べていませんか?

そんなついでに、Yahooニュースが気になって・・・
お!!いけない!!勉強の途中だった!
となりがちです。

そんな誘惑と隣り合わせならば、
はじめから他の方法で調べるようにしましょう。

ご両親に話せば、きっとわかって(買って)もらえると思います。

 

④ほかの部屋に置いておく

①~③の方法でも手元においておくと触ってしまう場合は、
ほかの部屋に置いておくことをオススメします。

視界に入らないようにする、手に届く範囲に置かない、
取りに行く手間をわざわざ作る・・・ということです。

特に、ご両親に預かってもらえるなら、それが一番ですね。
勉強の合間の時間を決めて、その時間だけ返してもらいましょう。

 

⑤【究極】SNSアカウントはすべて削除

これは究極の方法。

ツイッター、LINE、インスタグラム、facebook・・・
すべてのSNSアプリ、アカウントを削除する方法です。

アプリを削除するだけでも、
通常のインターネット接続からSNSを見るのは面倒なので
効果はあると思いますが、

ついつい見てしまうのなら、
アカウントそのものを削除せざるを得ません。

 

半年後の合格と、今のSNS投稿、どちらをとるか?
で、自分で決めて削除しましょう。

 

~~~~~~~~~~
今日は、スマホが手放せない人に向けてお伝えしました。

SNSアカウントも、やる気が上がって勉強がはかどるのか、

ついつい時間を使ってしまうのか、人それぞれです。

あくまで、「合格するために、今何が必要なのか?」を考えて

行動できる人になりましょう♪

 - スマホ対策