友達関係を壊したくなくて、LINEをしてしまう人へ。

      2018/02/15

こんばんは。
高校受験サポーター るみです。

 

先日の記事「スマホが手放せないあなたへ。」の記事に続いて、
中1の生徒からこんな話がありました。

「LINEは止まっちゃうとすぐ仲間はずれになっちゃうから
テスト週間でも止めることができない」

 

うーん。ありがちですよね。

家では勉強に集中したいと思っていても、
それ以上に、学校で仲間はずれにされることのほうが怖い。

LINEが登場するまでは、主にメールのやり取りだったので、
「既読」の文字もつかず、
メールを読むタイミングはその人に任されていました。
返信が遅くても、まあそんなものか、という程度に。

また、1対1のやり取りが多かったのも、メールの特徴ですね。

しかし、今のSNSでは、
「既読」かそうじゃないかによって相手の様子が伺え、
すぐに既読にならない、既読になっても返信が遅いと
「何やってんだよ!」
と返事を催促されるかのように感じてしまいます。

また、グループで多数の人と一斉にやりとりができるため、
自分だけ返信が遅いのも何か言われてしまうのでは、と
心配もしがちです。

あくまで、受け手がそう思い込んでいる、という面もありますが。

 

では、そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

【返信しながらでも意識してほしい2つのこと】

今回の相談は中1の生徒からだったので、

まずLINEの返信をしながらの勉強でもいいね、と話しました。

 

というのも、中1から仲間はずれになってしまって、その後不登校に・・・となってしまえば、
今後の中学生活全体に大きな影響を及ぼすことになりますよね。

1学期と違って、友人関係が手探り状態というわけではないでしょうが、
やはり友達関係の悩みはつきもの。
それを回避する程度のものであればよいでしょう。
(もちろん勉強もしてくださいね)

 

ただし、その返信と同時に意識してほしいことがあります。

それは、
「本当に今すぐ返信しなければならないのだろうか?」
「すぐに返信しなければいけない友達関係を、この先もずっと続けていくか?」
の2点です。

 

「今すぐ返信しなければならないのか?」

という点には、
先ほども言いましたが、自分の思い込みということもあります。
(相手の友達は全然そんなこと思ってない、というパターン)
少しずつLINEから距離を置いてみて、それでも大丈夫か確認していくのが
いいでしょう。

それで、お互いに勉強に集中できて、

いい関係が築けるといいですよね。

 

「すぐに返信しなければいけない友達関係を、この先もずっと続けていくか?」

という点には、
部活も勉強も忙しくなるときに、がんばって関係を続けていくか?ということです。

自分は勉強に集中したい。
でも仲間はずれにはされたくない。
という気持ちで返信し続けていたら、
やはりどこかで苦しくなってくるでしょう。

そういうときは、あっさりその友達関係から抜け出すことも必要です。

勇気が要る行動だと思いますが、

仲間はずれにされたとしても、
今後ずっとあなたを勉強から遠ざけるメンバーだとしたら、
早めに距離をとっておくことをオススメします。

 

私の中学時代を思い出すと、
ケータイは持っていなかったため、友達からの誘いの対象にはなっていませんでした。
そういう友達関係で悩むことはありませんでした。

当時はケータイを持たせてくれなかった親に文句を言ってましたが、
その分勉強に集中できたと思いますし、今では感謝しています。

 

【究極の問い】

今日の記事は、最終的には
「自分がなにを優先したいのか?」
にたどり着きます。

究極の問いですよね。笑

友達関係を大切にしたい、勉強を大切にしたい、
人それぞれ価値観はありますが、
「本当に自分はそれをしたいのか?」
ということを考えるチャンスです。

受験生の進路を決めるときにも、
その考え方はとても大切になってきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 - スマホ対策, 友達関係, ◆やる気アップ!◆, ◆目標の立て方◆, スマホ依存で悩むとき