【より覚えやすい】英単語の覚え方

      2018/09/26

こんばんは。

高校受験サポーター るみです。

 

先日、英検の受験生さんから

「単語がなかなか覚えられなくて・・・」

というお話を聞きました。

 

中3で2級(大学卒業レベル)を受験されるとのことで、

大変努力していらっしゃるんだなあ、と感心しました。

 

そこで今回は、私の経験を踏まえた上で、

【より覚えやすい】英単語の覚え方

を解説します。

 

【あなたはどっち?英単語の主な2つの覚え方】

「英単語 覚え方」と調べると、

いろいろな単語の覚え方が出てきます。

 

その中で、主に以下の2つに分けられます。

・単語帳を買い、英語→日本語 の順で覚える

・長文の中で覚える

あなたはどちらでしょうか?

 

私はこの2つであれば、後者(長文の中で覚える)をオススメします。

 

【英単語は、ただのアルファベットの羅列!?】

というのも、単語帳などを見ると、

ただ英単語がずらーーーっと並んでいるだけで、

全然関連性がないんです。笑

 

 

そんな状態では、覚えようという気力が湧きません。

 

では、どうやったらアルファベットの羅列が覚えやすくなるか、というと、

(単語同士で)関連性を持たせる

ことが必要です。

 

このためには、

・絵で表す

(イメージ:英語カード.comさんはこちら

・文で覚える

ことが必要です。

 

こう考えると、

単語いっぱいの単語帳よりも、長文の中で覚えるほうが

効率的に覚えられそうではありませんか?

 

【高校受験対策にオススメ!覚え方】

高校受験用に単語を覚えるのであれば、学校の教科書以外に

・ワークの文法問題

・長文読解問題(説明文、会話文)

の中から、わからない単語を書き出して覚えましょう。

写真のように、右にルーズリーフを用意して、単語/日本語訳を書き、

本文中の単語にチェックしておきます。

(著作権の関係から、写真は加工してあります)

 

チェックセット(緑のペンでラインを引いて、赤シートで隠す方法→こちら)を

使ってもいいと思います。

 

結局、問題集にあるということは、

入試本番でそれが聞かれているということです。

その問題形式の中から英単語を覚えていくのが効率のいい勉強法です。

 

【ただ書くな!聞け!読め!】

では、それらの単語をどうやって覚えるか?

書いて覚えればいい?

 

いえいえ、オススメは

聞く/読む

です。

 

学校の定期テストは、主に理解度を見るため、単語を書かせる問題が多いのは事実ですが、

入試本番の問題は、長文(説明文、随筆文など/対話文)が配点が高くなります。

また、リスニング問題もあります。

 

限られた時間の中でリスニングに対応し、長文を読んでいくためには、

英単語を見たり聞いたりしたときに、

瞬時に日本語訳できることが大事です。

 

ということは、つづりを10回も20回も書いて覚えるより、

音読して、繰り返し頭に入れるほうが覚えやすくなります。

しかも、時間が少なくて済みます。

ぜひ、長文丸ごと読めるようにしましょう。

 

楽器が上手な人は、英語も上達が早いそうですが、

聞く(音楽を聴く)/読む(楽器を演奏する)のをリズムでとらえられるからなのでしょう。

 

あなたも、

曲を聴いてたら、いつの間に歌詞を覚えていた・・・ということありませんか?

そのイメージです!

 

【[英検用]オススメ単語帳】

今回のご質問は英検の受験生さんからでしたので、

英検の問題集で同じことをやればいいと思います。

 

もし単語帳でやるならば、

「文で覚える単熟語」シリーズこちら

がオススメです。

 

中を開くと、

左ページに英文/日本語訳

右ページに単熟語

が載っているので、先ほどの勉強法に近いです。

(英検2級より。著作権の関係から、写真は加工してあります)

 

私が大学受験のときは、これに近い

「速読英単語」→こちら を使っていました。

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 

長文の中で覚える方法は、どちらかというと

英語が得意な人/上級者 向けだと思っています。

 

もし、英語はさっぱり・・・、という人であれば、

絵で視覚的に覚えて、ある程度の単語力を身につけてからのほうが

いいかもしれません。

 

やみくもに暗記しようとせずに、

効率よくやっていきましょう♪

 - 英語の入試対策 勉強法, ◆入試対策◆