英語が苦手な人の3パターンとレベル別克服法

   

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

以前書いた
英検2級受験者必見!膨大な量の英単語を覚えるには?
の記事が好評いただいてます。

 

しかし、英語が苦手な人の中には、
長文を見ただけで挫折しそうになる人も・・・。

 

実際、入試問題を見てみると、

文法の単体問題はほとんどなくて、
長文の中で単語、文法、アクセント、内容理解を問う問題がほとんどです。

 

英語が苦手な人は、
定期テストは丸暗記でなんとかなっても、
模試等では全然歯が立たない・・・なんてことに陥ります。

 

今日は、そんな悩みを抱える人向けの記事です。

 

英語が苦手な人の3パターン

それは、
・単語が覚えられない
・文法用語がわからない、文法をテキトーに覚えている
・「なんとなく」で解けると思っている

です。

その結果、

・長文を見ただけで挫折する
・読み始めたが、わからない単語がでてくるとストップしてしまう
・一文一文を訳そうとしすぎて時間ぎれ

になります。

 

長文問題では、ひとつひとつの文で解ける問題もありますが、
最後の選択肢(「この文章にあっている選択肢を選びなさい。」など)問題でつまずくのは
もったいないですね。

 

定期テストの点数別!実力問題の勉強法は?

これらの悩みを抱える人がやるべきことは、

・ある程度の単語を覚える
・文法を定着させる

の2点に絞られます。

単語を覚えることについては前回の記事を参考にしていただきたいのですが、
文法を定着させることについては点数別にみていきましょう。

(100点満点中にしました。50点満点の場合は換算してくださいね)

 

60点以下/100点満点中

この場合は、まずは文法を一から理解することです。

いまさら文法なんて・・・と思われるかもしれませんが、

これをやっておけば、
最低限の問題(長文の意味がつかめなくても解ける問題)は解けるようになります。

・be動詞と一般動詞の区別はつきますか?
・過去形、現在形、未来形、現在完了形を正しく使えますか?
・to不定詞を使う動詞とing形を使う動詞は区別できますか?

英語はこういう細かい部分を見落とせないのが
難しく思えてしまうところだと思います。

ここにオススメするテキストを参考にして
順番に勉強していきましょう!

 

オススメ市販テキスト

①わからないをわかるにかえるシリーズ(文理)

丁寧な解説が特徴的。
簡単な問題に凝縮されています。

学校で出される課題は難しくてできない・・・という人にもオススメです。
基礎から丁寧に解説してあるので、手元にあると安心の1冊です。

中1・中2・中3と学年が分かれている冊子もありますが、
高校受験用であれば、ある程度それがまとまっていますよ!

 

②中学英語の総復習(くもん)

英語は例文がたくさん載っていることが重要です。

上記の「わからないところをわかるにかえる」は解説メインですが、
さすがくもん式、
こちらはどんどん問題を解かせて覚えていきます。

こちらの問題集は、文法の基本的なところの穴埋めから始まっているので
無理なく進められるでしょう。

「発展問題」「完成問題」もありますが、
定期テストレベルなので解けるようになってほしいところです!

 

60~80点未満/100点満点中

この場合は、ひとつひとつの文法はだいたい理解しているけど、
模試等で混同して、どれを使ったらいいかわからない・・・など
応用力が必要な段階です。

その場合は、

・文法問題を解く
・短めの長文問題を解く

ことで、文法を「自分で使える」ようにしましょう。

 

もし、問題を解いていて、
「これじゃダメなんだろうか?」
という答えを書いたときには、

そのままにせず質問して解決することで、さらに実力がアップします。

オススメ市販テキスト

①中学英語の総復習(くもん)

先ほども紹介した問題集なのですが、
文法問題をひたすら練習するには最適な一冊。

この問題集を3周するころには
文法もかなりマスターできているはず!

 

②とってもすっきり英語長文(旺文社)

「そうはいっても文法ばっかりやってられないよ」
という時期の場合。

文法問題演習に加えて
長文読解も慣れていく必要があります。

 

この問題集であれば
ステップ1はかなり短い文章なので
抵抗なくはじめられるはずです。

ステップ3までは難しい・・・という場合は
まずステップ1,2を終わらせてからステップ3に取り組むのもいいですね。

長文読解よりも
対話文読解のほうが解きやすいので
それを優先するのもよいです!

 

まとめ

本日は、英語が苦手な人向けに
勉強の進め方とオススメ市販テキストを紹介しましたが
参考になりましたか?

英語は、数学と同様に
ひとつひとつの段階がなかなか抜かせません。

 

・be動詞と一般動詞の区別はつきますか?
・過去形、現在形、未来形、現在完了形を正しく使えますか?
・to不定詞を使う動詞とing形を使う動詞は区別できますか?

こういう細かいところの知識を
正しく覚えていくことが
面倒に感じる人も多いでしょう。

 

文法問題である程度解ける人は
長文読解に早めに手をつけて

「長文読解では、どんな問題がでるのか?」
というところに慣れていきましょう!

 - 英語の入試対策 勉強法, ◆入試対策◆