現代文を解くときは●●を示そう!

      2018/04/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

2日間、英語の話が続いていたので、

今日は現代文の基礎をお話しようと思います。

 

【まずはここから!現代文の設問チェック】

現代文の問題があるとき、

いきなり文章から読む!という人はめったにいないと思いますが 笑、

設問から読みましょう。

 

設問から読むことで、

・設問から本文の内容を想像する

・設問の指定(「どのような~~」「なぜ~~」「●●字以内で~~」を読み取る

・本文に関係ない文法問題をささっと解く

ことができます。

 

そして、この設問を読むときにやっておくべきことが、

設問への印づけです。

 

・設問の指定(「どのような~~」「なぜ~~」「●●字以内で~~」

という場合は、――線や~~線、丸で囲むなどの工夫をしましょう。

 

とくに、「誤っているものを選びなさい」「すべて選びなさい」など

問題文をよく読まずに、ミスすることが

緊張する入試では一番つらいですよね・・・。

入試本番で点を取るためには、普段の練習から慣れておくこと。

 

「当たり前でしょ!」といって、やっている方はいいのですが、

「そんなことか」と思ってスルーしている方は、必ずやっておきましょう♪

 

【選択肢問題では●●を示せ!】

「このときの筆者の気持ちとして、最も適切なものを次のア~エから選びなさい」

という選択肢の問題も必ず出題されますが、

これらの設問には、合っているものに丸をつけるだけでなく、

 

・他の選択肢がなぜまちがっているか?根拠を示す

・答え合わせでその理由までチェックする

の2つをしましょう。

 

現代文ができる人は、けっこう「感覚で」やっているようですが、

現代文が苦手な人がこの「感覚」で問題を解いてしまうと、

ことごとく外れます・・・。

 

高校受験のときはまだ何とかなるにしても、

大学受験(センター試験)では、すべて記号から選びます。

そのときに根拠が示せなければ、一か八かの勝負になってしまいます。

(センター試験は廃止され「大学入学共通テスト」では記述問題が導入される予定ですが、
大部分が選択肢問題であることにかわりはありません)
(しかも、センター試験の国語は200点満点なのです!!)

 

私は、このやり方で大失敗して、平均点を切り、国公立の出願変更をせざるを得ませんでした。

 

このときの教訓を活かし、

塾生には根拠を示すように指導してきた結果、

最近では選択肢問題の正答率が上がってきました。

 

自分は現代文が苦手だなあ、と思ったら、

感覚には頼らずに、確実に点を取る根拠を探してください。

 

【記述問題は答えを写さない!自力で書く!】

国語の定期テストの点数が高い人に多いのが、

ワークの記述問題の答えも覚えてしまっていること。

 

学校のテストでは、「ワークをやっているかどうか」に焦点が当てられ、

ワークにある答えがそのまま’正しい答え’になってしまっているため、

自分で考えることをせずに、覚えてしまったほうが

正直なところ、点数が取りやすいです。

 

しかし、その方法に慣れてしまうと、

入試問題を解いていても、なかなか点がとれません。

 

この場合は、とにかく記述問題を自力で書く練習をすることです。

そして、答え合わせでは解説まで読みこみましょう。

学校や塾の先生に添削してもらえるなら、なおよいですね。

 

【新聞を読むことや、読書は効果があるのか?】

よく、国語の成績を上げるためには

「新聞を読め!」

「読書をしろ!」

といわれますが、

入試まであと半年を切ったところで、その方法では間に合いません。

 

読書をして、その要点をまとめられる時間があればいいですが、

受験生にはそれほどの時間がありません。

 

それなら、長文問題そのものの形式に慣れて、

その中で正答率をあげることが優先されると思います。

 

※なお、「新聞を読め!」に関しては、

社会や面接で時事問題が出された場合に正答率が上がるので、

大きな話題やニュースを知っておくことは大事かな、と思います。

 

【まとめ】

いかがでしたか?

 

現代文は、苦手な人にとっては一か八かの勝負になりがちです。

なかなか実力アップが目に見えにくいので、

ほかの教科に比べて時間を取るのがもったいないように感じてしまうことも

あるかもしれません。

 

私自身も、

「根拠を示す」ことを意識して解くようにしたところ、

解きやすさが倍増しました!

 

苦手な人ほど、「根拠を示す」ことを意識して取り組んでみてください。
必ず、本文中に答えがあります^^

 - ◆定期テスト対策◆, 国語のテスト対策, 国語の入試対策 勉強法, ◆入試対策◆