英語リスニングで満点とるためにやるべきこととは?

      2018/09/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

昨日の記事「【英語リスニング】英文が聞き取れるようになる必殺技、公開!」

今までの中でも反応が大きかった記事でした。

 

みんな、リスニングと聞くと、がんばって放送文を聞き取ろうとしてしまいますが、

それ以前にやることがありますよ!というのが、昨日の話でしたよね。

 

では今日は、

「選択肢読んだ!・・・けど流れてくる英会話そのものがわからない!

という方向けにコツをお伝えしていきますね。

 

【表現を知らない=聞き取れない】

英文を聞いていても内容が頭に入ってこない・理解ができない、というのは、

単語・会話表現を知らない

これに尽きます。

 

公立の高校受験で出題されるリスニング問題のスピードは、丁寧でかつゆっくりです。

 

この速度なら、「速すぎて聞き取れない」というよりも

「その単語や会話表現をしらないから、思考停止してしまう」

可能性が高いです。

 

日本語でも同じですよね。

例えば、今からいきなり、大学の法学部の授業を受けてください、と言われて

「民法第709条の不法行為責任の要件は4つある。」

と言われても、「民法」「第709条」「不法行為責任」「要件」などの単語の意味がわからなければ

母国語であっても、内容は一切わからないわけです。

 

逆に言えば、単語や会話表現を、教科書の字面で覚えるだけでなく

「聞いて」理解できるレベルまで持っていけば、リスニングがだいぶラクになります。

 

【聞き取る単語・会話表現を増やすためのポイント】

あなたは、単語を覚えるときにどうしていますか?

黙々と単語ノートに10回~20回ほど書いていませんか?

 

それでスペルは完璧になるかもしれませんが、

リスニング対策を視野に入れるならそれでは不十分です。

 

「【より覚えやすい】英単語の覚え方」の記事でもお伝えしましたが、

単語や会話表現を覚えるポイントは、音読です。

 

・発音
・単語のアクセント、会話文のイントネーション
・会話文同士のつながり、受け答え

というものを、感覚(聴覚)で身につけていくのです。

 

特に、会話表現は決まりきった表現が多いので、教科書を見なくても暗唱できるくらいに

完璧に!覚えておくことをオススメします。

 

【会話表現を覚えるためのオススメ教材】

以上のように言ってしまうと、

「また新しいこと覚えなきゃいけないのか!」

と言われそうですが、実はそうでもありません。

 

・学校の教科書
・リスニング問題集
・模試問題

など、今手持ちで活用できるものが最高の教材です。

決まりきった表現しか出ないからです。

 

リスニングのCDを一度聞いただけで問題集に戻してしまうなんて、ナンセンス!!

完璧に覚えるまで、

朝起きてから~学校へ行くまで・帰宅後すぐ・風呂の中・寝る前

などの時間を活用して暗唱していきましょう。

 

※長い時間をとって一気にやるよりも、1日に何度も繰り返すほうが覚えやすいですよ。

 

【単語カード活用のススメ】

もし、学校や塾のスキマ時間に確認していくのであれば、

単語カードに書き出してブツブツ言いながら覚えていくことがオススメです。

これであれば書く手間も省けますし、いつどんなときでも勉強できますね。

 

【最後に】

今日は、選択肢を先読みした上で、

実際に英文を聞き取れるようになるにはどうしたらよいか?という点をお伝えしましたが、

参考になりましたでしょうか?

 

大学入試、TOEICとレベルが上がるごとに

英文のスピードももちろん速くなっていきますが、

自分の知らない単語や表現は聞き取れない、理解できないというのは

どの場合でも同じです。

 

それを少しでも減らしていくためには、

特に会話表現を「字面で」覚えるのではなく、

流行の歌を覚えるように「耳で」覚えていくことが近道になります。

 

リスニングは、やってもムダだと思い込み勉強しない人がいますが、

目的意識をもって勉強していけば必ず点数は上がっていきます。

「リスニングは満点取れるぞ!」

という自信が持てるまで、繰り返しやっていきましょう。

 - 英語の入試対策 勉強法, ◆入試対策◆