「コレダメ!」な問題集の解き方とは?

      2018/04/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

私の地元では期末テスト間近。
明日も最後のテスト対策をしてきます。

 

個別指導の授業では、
学校のワークや教科書の章末問題を使ってテスト対策をすることもあります。

その中で、
テストで点が取れる子と取れない子の【問題集のやり方】
が大きく違うことに気づきました。

今日は3つの「コレダメ!」な方法をお伝えします。
あなたは当てはまっていませんか?

中1・2生は必見ですよ!!
また、入試問題集をやっている中3生も確認してみてください。

 

【NG1:できなかった問題がわからない、なぜ間違えたかわからない】

問題集を解いて、丸付けをする。

これは、誰もが行っていることです。

しかし、丸付けを行ったあとに、
解答(解法)を丸写しだったり、
下手すると答えだけ書いてある人がいます。

これでは、自分がなぜ間違ったのかがわかりません。

・どこでつまずいたのか
・なにを勘違いしていたのか
・どの知識が必要だったのか
すべてを振り返って見直すことまでやるのが答え合わせです。

答え合わせをしたあとには、必ず
なぜ間違えたかを確認して、
間違えた問題にマークをつけましょう!

・ミス!
・やり直し(ミス以外で、解法がわからなかった問題など)
・質問(先生に質問する)
など、自分がわかるマークであれば十分です。

そして、2周目以降ではこれらの問題を優先して解きます。
(さらに時間がない場合は、ミス問題を飛ばします)

 

【NG2:メモをとらない】

わからなかった問題を先生に聞くと、その場では
「なるほど!!」
と思ったのに、

家に帰ってやり直しすると
「あれ・・・なんでだっけ・・・」
と思い出せないこと、ありませんか?笑

 

先生に質問したときは、
たとえ解答や解法が写してあった場合でも
自分に説明してあげるようにポイントを書き込みましょう!

塾で指導していると、つまずいたところで解説を加えていくのですが・・・
解説をして解いた問題が「○」になってしまうと
後から見直ししたときに、さも自力で解けました!
というように見えて、2周目で飛ばしてしまうんですよね><

先生に指導してもらったり、質問して教えてもらった場合には、
自分がどこで引っかかっていたのかメモしてください。

そして質問したその日中に見直しをしてください!
(できれば、「わかった!」と思ったすぐ後で)
本当に理解できたかどうかは、自力で解いてみるとわかりますよ♪

 

【NG3:問題集が1周して終わり】

テストで点数が取れる人は、
問題集を必ず繰り返しやっています。
おそらく、3周以上はしているのではないでしょうか?

それに対して、点数が伸び悩む人は、
1周するのに時間がかかってしまい、提出物期限ぎりぎりで1周を終えます。

 

正直なところ、
問題集1周目でどれだけ正解するか?は
そんなに気にしなくていいです。

それよりも、1周目で問題の出され方や解き方を学んで
2周目以降で解けるようにする
ことのほうがよほど大事です!!

特に、暗記科目である社会・理科は
答えを知っているか知らないかの2択で、
深く考える問題というのはほとんどありません。
その場合は、早めに1周してしまって、
2周目以降で確実に解けるように教科書で確認をしていきましょう。

思考力が問われる数学でも、
1周目で解き方を学んだほうが、学べることは多いですよ。
(高校数学はまさにこのやり方)

 

【最後に】

今日は、問題集の「コレダメ!」な方法をお伝えしました。

アナタは当てはまっていませんでしたか?笑

ちなみに、冒頭の写真は
恥ずかしながら私のやった問題たちです。
ミス多いんですよね・・・;;笑

 

要約すると、良い方法は
・1周目は問題の出され方や解き方を学ぶ
・わからなかった問題が一目でわかるようにマークを付けておく
・先生に質問した問題は自分なりの解説(メモ)を付けておく
・2周目以降でわからなかった問題を解けるようにする
です。

問題集を最大限に活用するためにも、
ぜひこの方法を実践してください。

 - ◆定期テスト対策◆