勉強以外に気をつけるべき!冬休みの過ごし方

      2018/04/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

昨日、冬休みの勉強スケジュールについてお伝えしましたが、
受験直前ということで、
勉強以外に気を配ってほしい点を挙げておきます。

自分の身体的・精神的なコンディションを最高に整えて
受験までもって行きましょう!

 

【体調管理は必須!受験までの身体づくり3つのポイント】

受験生というと、部屋にこもって勉強・・・になりやすいですが、
その分体力や免疫力が下がっています。

そのことに気づかずに無理をしてしまうと、
後々に長引いて大変なことになります。

では、身体のコンディションを整えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

1.早寝早起きの習慣を崩さない

冬休みに入ると、1日の時間が自由に使えます。

勉強が捗るから、と夜型になってしまう人も増えますね。
その他、年末年始のカウントダウンで夜更かしになりがちです。

ただ、受験のスケジュールを考えるのであれば、
朝型を維持しましょう!!

朝9時から入試がスタートすると考えたら、
朝7時には起きておきたいですね。

では、早起きするためには?
以下のポイントを参考にしてみてください^^

・夜更かししない。0時就寝を心がける
・夜中はスマホは機内モード(受信しないけどタイマーは使える)
・朝の着替えを温めておく(布団の中に入れておくなど)
・ストーブやエアコンがすぐに付けられるようにしておく
・目覚ましを手の届かないところに置く

 

2.人混みを避ける

年末年始のラッシュ等で、
公共交通機関にも店にも、人が溢れます。

インフルエンザ等が流行りやすい時期でもあるので
人混みにわざわざ出向かないほうが賢明です。

移動であれば車にするか、マスクをしましょう。
(ただし、マスクはあまり予防効果はないようです。風邪引いてる人がつける分にはいいみたいですけどね)

また、手洗いうがいを徹底するなど、
基本的なことを欠かさずにやりましょう。

自分が風邪を引いてしまったら、
塾であっても休んだほうがいいですね。
周りに移さないようにしましょう。

 

3.運動をする

運動嫌いの私が言うことでもないですが・・・笑

身体を動かしていないと、筋肉は衰える一方。
体のエネルギーが頭に偏ってしまうので、
ほかの部分にエネルギーが行かずに免疫力が弱ります。

1日1回30分でもいいので、
近くの公園にでも歩きに(走りに)行って下さい。
外の空気を吸うことで、気分も切り替わります。

 

【余計な悩みを抱えない!受験までのメンタルづくり3つのポイント】

身体だけでなく、メンタル面でもケアは欠かせません。

後半ではメンタル面の強化をしていきましょう。

 

1.志望校判定を気にしない

模試を受けて一番気になるのは、
志望校判定ではないでしょうか?

ただ、合否というのは、
模試でどれだけA判定を得ていても、E判定であっても、
最後までわかりません。

模試の結果に左右されずに、
間違ったところは復習をして頭にしっかり入れましょう。
満点に1点でも近づけるように、自分のやるべき努力を重ねることが大事です。

 

2.対人関係で悩みを持たない

受験期ということで、
友人関係・先生との関係・恋愛など
身近な人と些細なことで傷つき傷つけやすくなります。

自分からは冗談のつもりでも、挑発するようは言葉はやめておきましょう。

また、恋愛関係の相手に延々とグチをいったりしないように注意が必要です。
(とくに女子は・・・「私なんてダメなんじゃないか」ということを言いたがりますが、
男子からすると面倒に思われることがあるので要注意>< ←過去の私。笑)

また、友だちに言われた言葉などは、気にしないほうがいいです。
さらりと流すようにしましょうね。

 

3.自分の集中できる環境をつくる

年末年始で、兄弟や家族と過ごす時間も増えます。

兄弟げんかしやすかったり、誘惑に負けてしまったり・・・
実はいろいろストレスが溜まりやすくもなるんです。

図書館等にも行けない場合は、
テレビの音量に注意してもらったり、部屋に入らないようにしてもらったり
家族に協力してもらうようにしましょう。

 

私の場合は、妹と同じ部屋でしたが
机の向きを変えてもらって自分のスペースをつくっていました。

 

【最後に】

今回は、勉強以外の面の注意点をまとめましたが
参考になりましたか?

自分だけで乗り切るのは、直前期ほど辛いです。

八つ当たりはぐっとこらえて
協力してくれる家族・先生・友だちに感謝しながらやっていきましょう!

 - 冬休みの過ごし方, ◆入試対策◆