【中1・2生向け】課題テストと実力テスト、勉強法は?

      2018/04/26

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

冬休みも空け、今日、私の地元では
冬休みの課題テストがあるようです。

冬休み明けのテストは、
課題から出題される場合と、入試形式の実力問題が出題される場合
学校によって異なります。

今回は、中1・2生向けに
課題テストと実力テストへの向き合い方をお伝えしていきます。

 

【1.課題テストの場合】

まず、冬休みの課題から出題される場合。

この場合は、当然ですが課題の理解度が試されますので
定期テスト勉強と同様、課題の復習を行いましょう。

定期テスト対策にもまとめていますが、
問題集を3周すると定着してきます。

一度目で解けなくても、慌てずに
何周もして解けるようになりましょう。

 

実際に、私の担当の生徒は、
数学が苦手ですが、課題テストでは80点を取りました。

 

「それって答えを覚えてるだけじゃないの?」
と言われそうですが、確かにそうです。笑

しかし、数学や理科の計算問題であっても、
問題のパターンや解き方を覚えていけば
当日ちょっと違った数字の問題でも解けるはずですよ♪

課題の復習をするためには、
冬休み開始~年末までで課題が終わるといいですね!!
始業式前日まで提出物に苦しまないよう、
計画をもってすすめましょう。

※計画を立てるのが苦手な人は
テスト順位が上がる!中学生定期テストのスケジュール管理のススメ
の記事も参考にしてくださいね。

 

【2.実力テストの場合】

次に、課題からは出題されず、
実力問題が出題される場合。

市販の問題集で勉強する手もありますが、
部活、家族行事、課題で精一杯の冬休みでは
なかなかプラスアルファの勉強は難しいことでしょう。

そこで、必ず行ってほしいのが
実力テストの復習
です。

アナタは、今までの分やっていますか?
夏休み明けの実力テスト、放置していませんか・・・??笑

 

「実力テストなんだから、実力で受けるぜー!!」
と言ったはいいものの、
返却されて点数だけ見てお蔵入り・・・という人が大半です。
(塾の模試もそうですが)

ここで、実力の伸びる人と置いていかれる人に分かれます。

特に、英語・数学のいずれかが苦手科目に入っている人は要注意。
中3生になると、この2教科はどんどん難しくなります。
今のうちに対策しておきましょう!!

 

【テストの復習のやり方】

では、テストの復習はどのようにするといいのでしょうか?
私が実際に中学時代にやっていた方法をご紹介します♪

自分の解けなかった問題を集めた
解き直しノート
を作り、今後の実力テストや模試の前にもう一度解き直すためのものです。

 

①わからなかった問題をノートに写す(またはコピーして貼る)

まず、わからなかった問題を写します。
このとき、計算ミスした問題は飛ばしてもOKです。
(ただし、あまりにも多い場合は、別のノートを作りましょう)

写す時間がかかる場合は、コピーのほうがラクですね♪

 

②問題の下に解き直しをする

次に、写した問題の下に解き直しをします。

このときのポイントは、またいつかやり直しができるように
回答を隠せる余裕をつくることです。

 

③実力テストや模試の前に解き直しをする

一度復習して解き直しをしても、
次のテストのときには忘れてしまっているかもしれません。
同じような問題が出たらもったいないですよね~~。
すべて解き直しは時間がかかるかもしれませんが、
気になった問題だけでも復習していきましょう!

テストの前に見直すだけでもいいですよ!

 

【最後に】

今日は、中1・2生向けに
課題テスト・実力テストそれぞれの向き合い方についてお伝えしました。

部活も宿題もあって、毎日疲れているのはわかります><
しかし、授業1つ1つ、テスト1つ1つをやっていくことで
地道に実力はついていきます。
特にハイレベル~トップの高校を狙う人は、実践してほしいです。

 - 冬休みの過ごし方, ◆定期テスト対策◆, ◆入試対策◆, ◆スケジュールの立て方◆, ◆宿題のやり方◆