【高校受験】面接で聞かれる!質問5選<回答編>

      2020/01/28

前回の記事に引き続き、
面接で聞かれそうな質問<回答編>
をお送りします!

ぜひ参考にして、
本番ではあなた自身の意見を堂々と言ってくださいね。

参考:前回の記事「【高校受験】面接で聞かれる!質問5選」

※こちらの記事では、面接の質問に対する回答例のみ載せています。
ポイントが知りたい方は上記リンクを参考にしてください。

 

なぜ本校を志望したのですか?(志望動機)

例1

貴校の英語科では、リーディングだけでなく
スピーキングや実践的な会話を身につけられる授業があり、
ほかの高校よりも英語をしっかり学べると思いました。それが志望理由です。
私は将来、翻訳家の仕事をして、海外で働きたいと思っています。
そこで、高校でも英語に特化した授業を受け、英検1級を目指したいです。
もちろん、英語だけでなくほかの教科の勉強もがんばりたいと思います。

 

例2

私は、貴校の文化祭に参加させていただき、先輩方の魅力あふれる催し物に感動しました。
特に、完成度の高いクラス演劇には驚いて
私も○○高校の一員として、文化祭を盛り上げ
忘れられない3年間を過ごしたいと思っております。
ほかの高校の文化祭にも行きましたが、こちらの高校以上の感動は感じられませんでした。
もちろん、高校生の本分は勉強であることは自覚しています。勉強と学校行事を両立させ、
将来は○○大学に進学することを考えています。

 

例3

私は小学校1年生からサッカーを習い
高校の進学先を考えたときに、真っ先にこちらの高校が浮かびました。
中学校1年生のときから見学も何度かさせていただき、
サッカー部の練習に参加させていただいたときには、
先輩方がきちっと挨拶したり、部員同士の連携が取れているのを間近で見て、
サッカーをする以前に人間として尊敬できる先輩方ばかりでした。
こちらの高校で部活と勉強に励むことで、
私も人間として大いに成長できると感じています。それが志望理由です。

 

中学校3年間でがんばったことを教えてください(自己PR)

例1

私はサッカー部の活動に励みました。
小学校で経験がなく初心者でした。初めは興味本位で始めましたが、
次第に先輩の試合で活躍する姿を見て練習に打ち込むようになり、
苦手な先輩に対しても積極的にアドバイスを求めていきました。
その成果があったのか、3年生ではレギュラーで出場し、県大会出場も果たしました。
今後も、初心者から努力する姿勢を忘れずにいたいと思います。

 

例2

私は吹奏楽部の活動と勉強との両立に励みました。
吹奏楽部は土日も休みなく練習があり、テスト週間に部活があることもありました。
しかし、両親との約束で、テストの順位は○位以内と決めていましたので、
部活がある日も手を抜かずに勉強に励み、3年間両立して過ごすことができました。
高校生活では部活や文化祭など魅力がたくさんありますが、常に勉強との両立を図っていきます。

 

例3

私は、部活や勉強と両立しながら生徒会にて会長を務めました。
当初は先輩から推薦をもらったことがきっかけでしたが、実際に当選してからは
○○中学校の顔としてあるべく、地域のボランティア活動や清掃活動にも参加しました。
地域の方々に地元の歴史を教わったり、人への気遣いの仕方を学びましたが、
そのときに「□□さんが生徒会長さんなら安心だね」と言ってもらえたことが、その後の生徒会活動で
大いに心の支えになりました。
今後も、役職のあるなしに関わらず、常に人への気遣いを忘れずにいたいと思っています。

 

あなたの長所・短所を教えてください

例1

私の長所は、細かいところに気配りできるところです。
部活動や学級活動においても、常に周りを気にかけることで、
取り残される人がいないようにしてきました。
短所は、その気遣いがありすぎて、自分の主張を忘れてしまいがちなところです。
高校生活においては、常に自主的でいるように心がけたいと思います。

 

例2

私の長所は、周りから頼られるリーダー性です。
学校生活においても、委員会の委員長や学級委員など、推薦されることが多くありました。
短所は、そのリーダー性を発揮するあまり、一人で突っ走ってしまうところです。
高校生活においても、クラスや部活動の仲間と過ごすことが多いと思うので、
協調性を大切にすることを心がけていこうと思います。

 

例3

私の長所は、物事をはっきり伝えられるところです。
うやむやにすることが好きではないので、インターネット等の手段は使わずに、相手に直接会って話をするように心がけています。
そのおかげで、関係は悪くなる一歩手前で誤解が解けて、今では親友と呼べる友人もいます。
短所は、はっきり言うがために、意見をあまり発言しない子より多くしゃべってしまいがちなところや、せっかちなところです。
人間関係において、これからも相手の意見を大事にすることを心がけていきます。

 

最近、気になったニュースを教えてください ※例4~5は2020年1月追加

例1

沖縄県の首里城が火災でなくなってしまったことです。
修学旅行で訪れた場所だったのでとてもショックでした。
昨年にもパリのノートルダム大聖堂が火災で焼け落ちてしまい
歴史ある建物が火災でなくなってしまうことを大変残念に思います。
地震とちがって、火災は人間の手で防ぐことは可能だと思いますので、
人類の宝となる場所は、より厳重に保護できるように努めるべきだと思います。

 

例2

今年の台風19号やその他の大雨の被害で、農作物被害額が2700億円を超えたという記事を読みました。
台風19号では、祖父の住んでいる〇〇県も大きな被害を受けました。
祖父は無事でしたが、営んでいた〇〇農園は復旧までにだいぶ時間がかかるようです。
私もいまは受験で精いっぱいの生活ですが、高校受験が終わったら祖父の農園が復活できるように手伝いに行きたいと思っています。
また、来年の台風の被害に向けて何かしらの対策が必要だと思います。

 

例3

イギリスがEUから無事に脱退できるかどうか、ずっとニュースを見ています。
昨年(2019年)12月の下院選挙でジョンソン首相が勝利し、
1月末には離脱できると報道されていますが、
スコットランドとの境界線がどうなるのか、離脱したあとにどうなるのか、
まだまだわからないなと思います。
父が仕事でよくイギリスに行くので、離脱をきっかけに治安が悪化しないかどうか、
少し心配しています。

 

例4

オーストラリアで昨年から森林火災が続いていることです。
調べてみると、昨年9月より燃え続けており、動物が5億匹も亡くなってしまい
生態系の回復に40年以上かかるというニュースも聞きました。
オーストラリアは旅行で行ったことがあり、コアラを抱いたのですが、
そのコアラも絶滅の危機に追いやられたと聞いて、なんとも心苦しいです。
世界各国から寄付が集まっているようですが、一時的な支援ではなく、
森がちゃんと回復するような、長い期間の支援が必要だと思います。

 

例5

今年(2020年)7月より、レジ袋が有料化されるというニュースを聞きました。
私はよく塾帰りにコンビニに寄りますが、大きなものを買わないときには
レジ袋を断って、テープだけ貼ってもらうように心がけています。
道端によくコンビニのレジ袋が落ちているのを見かけますが、それが海の水を
汚染しているのが問題にもなっているので、レジ袋の有料化はいいことだと思います。
同時に、道端のゴミや、海や川のゴミを減らすには一人ひとりの意識が必要だと感じます。

 

本校に入って、どんな高校生活を送りたいですか?

例1

貴校に入学できたら、私は吹奏楽部に入りたいと思っています。
全国大会に出場するためには、今までとは桁違いに練習が必要になると思いますが、
体力は誰にも負けませんので、必死に食らいついていきたいと思います。
また、将来は弁護士を目指して大学への進学を考えていますので、
大学に現役合格できるように、毎日の授業を疎かにしないよう努力していきます。

 

例2

私は小さいころから医者になろうと決めていますので、医学部への進学率が高い
こちらの高校へぜひ通いたいと思っています。
入学できたら、大好きな野球を続ける一方で、医学部への進学を目指して、
理系のハイレベルな授業にもついていき、現役合格をしたいと思います。

 

例3

私はまだ、将来の夢を決めかねているので、普通科では得られない様々な科目が
学べる貴校に魅力を感じています。
1年次は共通科目が学べるとのことなおで、その間に進路を真剣に考え、2年次からは
将来に向かって資格や専門的な知識を得ていきたいと思います。
高校卒業時には就職を考えていますので、そのときまでに社会に役立つ人間になるのが
この3年間の目標です。

 

まとめ

本日は、面接で聞かれる質問(前回記事参照)に対して、回答例を載せました。

この回答例は一例に過ぎませんが、
前回の記事を参考にして、
・自分の経験、感じていること
・将来の進路、夢、高校生活への期待
を自分の中で明確にしていきましょう。
(面接官より、詳しい質問を突っ込まれることもあります!)

 

もし緊張するのであれば、スマートフォンのビデオ機能で録画してみたり、
先生や家族に協力してもらって、練習を重ねましょう。

 

推薦入試対策コース

こんなお子さまにオススメです

・志望理由書の書き方がわからない
・志望理由がはっきりしない
・自己PR(中学校3年間でがんばったこと)が書けない、わからない
・自己PRできることなんてないと落ち込んでいる
・自分で客観的に添削ができない
・小論文を書いたことがない
・学校の担任も忙しくて添削してくれない
・面接なんて初めてで緊張する
・両親や学校の先生相手では面接の練習がしづらい
・大学入試や将来の就職活動にも通じる書き方を知りたい

 

※2020年春受験生の募集は終了しました
2021年春(2020年4月時点の中学3年生)は12月ごろ募集予定です

詳細はこちら

 - ◆入試対策◆, 推薦入試, 面接