[高校受験]自学自習ですすめる!おすすめ問題集~基礎編~

   

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

よくLINE@でもいただく質問の中に、
「おすすめの問題集はありますか?」
があります。

市販の問題集を見ていると、
「どれが自分に合っているかわからない」
という声も聞きます。

確かに、お子さまのいまの学力に合った問題集を探さないと、
簡単すぎても、難しすぎてもやる気が出にくいですよね。

 

今回は、<基礎編>ということで、

・中1~2年生の範囲も不安がある・・・
・今まであまり勉強してこなかった
・テストで平均点くらいである
・5教科合計400点いかないくらい
・(夏までに)基礎をしっかり勉強したい
・苦手教科の点数が異常に低い

というお子さまへおすすめの問題集をご紹介します^^

 

【基礎なら、まずはこれ!「高校入試合格BON!」(学研)】

「高校入試合格BON!」シリーズ
学研から出版されている、市販の問題集です。

おそらく、お近くの書店にも置かれている、スタンダードなタイプではないでしょうか?

こちらは、
・1単元が見開き2ページで構成(計4ページ)
・最初の見開き1ページで解説、次の見開き1ページで問題
・22~29単元くらいで構成
となっています。

 

厚みの少ない問題集ですので、
「こんなにやらなきゃ」という不安感も少しは和らぐと思います。

 

基礎が確立している子であれば、問題集のレベルからすると
・1単元30分~1時間
・(学校の宿題以外に)1日2~3教科
やっていけば、2ヶ月~2ヶ月半で問題集1周ができる計算になります。
(夏休みまでに習わない範囲もありますが)

あとは、間違えた問題を夏休みの間に完璧にしましょう!

 

逆に、この問題集で1単元1時間以上かかるようであれば、
教科書や資料集で調べながら勉強していく必要がありますが、

1日1単元しかやれないとなかなか先へ進みませんので、
2単元進められるようにがんばるか、
休日に3単元進められるくらいの勉強時間を確保するか、になってきます。

「そんなに偏差値の高い高校目指すわけじゃないし、冬休みくらいに終わればいいでしょ~」
と思われるお子さまもいるかもしれませんが、

4月に一回やったきりの内容を、冬休み以降に思い出すことできそうでしょうか?
難しいですよね。

問題集は、(特に間違えた問題、わからなかった問題を)繰り返しやって
ある程度覚えることが必要になりますので、

夏休みまでに5教科の問題集を1周することを目標にしていきましょう!

 

※問題集の進め方に関しても、質問相談承っています!
高校受験LIFEサポーターるみ LINE@: 友だち追加

 

 

【理科・社会はこれで完璧!「自由自在」問題集(受験研究社)&「パーフェクトコース」(学研)】

こちらも、一般的な書店で見かける市販の問題集です。

高校入試合格BON!シリーズは、確かに基礎を勉強するという意味ではおすすめですが、

理科・社会に関しては、暗記要素が強く
問題も幅広い範囲から出されるため、
ある程度濃い問題集をやって、広い知識を身につけることが必要になってきます。

それに比べると、合格BONシリーズは、あくまで「頻出単元」ということになります。

 

そのための問題集が、
「自由自在」問題集シリーズ(受験研究社)

または

「パーフェクトコース」(学研)

になります。

 

どちらの問題集も、基本語句の確認から発展問題まで丁寧にありますので、
どちらを選ぶかは、お好みでいいと思います。

まずは、夏休みまでに発展問題を抜かして1周できるように計画を立てましょう。
夏休みは、復習を兼ねて発展問題のみをやっていきます。

 

【国語の神!「出口の国語 レベル別問題集(中学生版)」(東進ブックス)】

国語の文法や古典の基礎知識は「合格BON!」シリーズで学んでいただきたいのですが、

「論説文・小説文の文章題がどうしても点とれない」
という方に、最高の味方になってくれる問題集がありました!!

「出口の国語 レベル別問題集」(東進ブックス)です。

 

この問題集の著者は、出口汪(ひろし)先生といって、
大学受験生ならば一度は耳にしたことのある、
現代文の塾講師をはじめ多方面で活躍される方です。

・国語は、なぜ選択肢問題の答えがひとつになるのか?
・読書量が多いのに、どうして点が取れないのか?
・そもそも、どうやって文章を読めばいいのか?
・記述問題のポイント

などが知りたい方は、必ず一度は目を通してほしいですね。

理論編は、わずか8問の文章題を解くことで
めきめき読解力が上がることは間違いありません!

 

理論編~基礎編~標準編~難関編と続きますが、
理論編から読んで、解法を理解することをおすすめします。

 

【問題集は、「やる」だけでなく、計画的に!】

よく、問題集を買ってやっていればなんとかなるだろう、という子がいますが、

先ほども申し上げたとおり、4月に一度やった問題は、
1ヶ月後には忘れています。

3年生の範囲も勉強しなきゃいけなくて、その上部活動や定期テストがあれば、
そうなってしまっても無理はないですよね。

 

ですので、問題集を繰り返し行い、
1~2年生の範囲もこなしつつ、3年生の範囲を勉強していくことが必要になります。

問題集は、最低3周!
これが鉄則です。

そのためには、
・どれくらいの時間を割くか
・どの教科を優先するか
・いつまでに、どの問題集を終わらせるか

という計画が必要です。

 

問題集を購入する際は、ぜひお子さまと
「やり方」についても十分に話し合っていただければと思います。

 

・子どもと十分に話し合う時間が取れない・・・
・プロの方のアドバイスがほしい
・自分も勉強が苦手である
・子どもが計画的に進める方法を詳しく知りたい

というお父さまお母さまは、以下のLINE@等のSNSにてご相談ください^^
お待ちしております!

 - 【入試対策 基礎編】オススメ問題集