理系科目が得意なら…英語もこうやって勉強しよう!

   

♪高校受験LIFEサポーターるみ 魔法の勉強部屋へようこそ♪

 

「数学とか理科は得意なんですけど、英語が全然ダメなんです」

 

理系科目が得意なお子さまが
国語・社会・英語が苦手…
ということはよくあります。

しかし英語は
文系であろうと理系であろうと

大学受験まで
ずっとお付き合いする科目になります。

 

理系なら大学入学後も
論文などを英語で読む機会も多いのでは?

日本語に翻訳されるまで待てない場合は
英語で読むことが必須なのだそうです。

 

…ということで
避けて通れない英語の

理系科目が得意なお子さまのための勉強法を
お伝えします。

 

文法を論理的に理解しよう

英語は日本語と比べても
論理的な言語です。

 

「こういう文法なら、こう読む」
ということが決まっています。

たとえば、
中学2年生で習う不定詞の用法。

 

①副詞的用法
②名詞的用法
③形容詞的用法

 

どれも同じ
to + 動詞の原形
で表すのですが

これら3つの使い分けは
できているでしょうか?

 

「なんとなく」ではなく

英語は文法上のルールが
日本語に比べて厳しいです。

 

to +動詞の原形をみたときに
これらの使い分けが
パッと頭に浮かぶように

論理的に整理していく必要があります。

 

似たような文法が出てきたときには
どのように使い分けすればいいのかを

自分で納得できるように
整理しながら覚えていきましょう!

 

S(主語)+V(動詞)を徹底的に押さえて訳す

英文の訳し方も
同じように
論理的に考えていきます。

感覚で訳すのではありません!

中学英語で習う範囲としては
命令文や会話表現などの一部を除いて

S(主語)V(動詞)

で必ず成り立っています。

 

He is a doctor. (彼は医者です

He was a doctor. (彼は医者でした

He will be a doctor. (彼は医者になる予定です

He want to be a doctor. (彼は医者になりたい

ここまでの4つの英文はみな
V(動詞)の部分を変えただけです。

さいあく、

a doctorの部分がわからなくても

「彼は~~です。」
「彼は~~でした。」
「彼は~~になる予定です。」
「彼は~~になりたい。」

主語述語の関係だけはつかむことができるのです。

 

The man is a doctor. (その男性は医者です

The man sitting the sofa is a doctor. (ソファに座っている男性は医者です

この2つの英文も
sitting the sofaを加えただけで

「その男性は医者です」という文章に
sitting the sofa(ソファに座っている)を
加えただけです。

どんなに長く見える英文でも
S(主語)V(動詞)をきちんとつかめれば
大まかな意味を訳すことができます。

 

もう一度言いますが
感覚で訳すのではありません!

 

理系のアタマの持ち主は
論理的に考えることが得意なので

理解した英文法を応用しながら
英語を訳していくとスムーズです。

 

まとめ:理系が得意だからこそ、英語も論理的に勉強しよう!

テスト対策勉強法では
音読を繰り返すことを勧めています。

 

流行りのCMソングなどと同じように
耳から覚えると早く覚えられるよ~!

という意味なのですが…

 

バリバリの理系の子には
感覚的な話が通じづらかったりして(笑)

 

感覚的な話がキライな子には

文法を徹底的に教えて納得してもらう
という指導方法にしています。

S(主語)V(動詞)だけでも
すべての英文で理解できるようになると

長文読解の読み方も
180度変わります。

 

この記事ですべてをお伝えするのは難しいですが

英語が苦手なお子さまには
徹底的に文法お教えしますので
お任せくださいね!

 - 英語の入試対策 勉強法